GTS協同組合

POINT 3

経費削減を実現

業界No.1クラスの低コスト

GTS協同組合は外国人技能実習制度の趣旨に鑑み、必要最小限の費用となるように運営しております。申請印紙代、在留資格認定証明交付申請、期間更新、帰国旅費を含んだすべての経費を含めた、業界No1クラスの安さの監理費を実現。 口コミ営業を進め、接待交際費を抑えるなど、徹底した経営方針により低コスト化を可能にしました。

技能実習生の
組合監理費は適正ですか?

管理費は管理団体の運営方針に
より異なります。
GTS協同組合は低コスト化を図るだけでなく、教育体制やサポート内容の
充実度も重視しています。

GTS協同組合は
業界No.1クラスの低コスト
でここまでやります!

  • 対象エリアが広い

    北海道から沖縄まで
    全国各地に出張所を開設

  • 対象国が多い

    受入対象国として現在
    10ヶ国からの技能実習生を受入中

  • 多彩な業種に対応

    製造業・建設業・ホテル・介護
    食品加工等幅広い職種に対応

  • 充実した教育制度

    配属後に即戦力として
    活躍できる人材育成を実現

  • 便利な通訳サポート

    業務に関する通訳・翻訳は
    もちろん緊急時も迅速に対応

  • 優れた人材を選出

    年齢や国籍はもちろん
    能力・技能に優れた人材を選抜

技能実習生受入に関する主な費用

  • ◉来日渡航費(申請書類作成・取次費)
  • ◉健康診断費
  • ◉技能実習生保険
  • ◉日本語講習費
  • ◉講習手当(講習期間中の生活費)
  • ◉月額監理費
  • ◉技能検定費
  • ◉帰国旅費
  • etc...

PAGETOP