新入社員教育事業

2019年度 新入社員教育

GTS協同組合新入社員教育のポイント

❶しつけ教育
社会人として必要なルールやマナーを学びます。
❷資格取得
現場のニーズに合わせた資格をいち早く取得できます。
❸確かな実績
10年の実績 約4000名の教育実績。
❹助成金申請のお手伝い
面倒な申請手続きはGTS協同組合がサポートします。
❺豊富なコース展開
実技実習も取り揃えた充実のカリキュラム。
❻教育後のフォローアップ体制
  • ・指導担当者様は指導者訓練が割り引き価格で受講できます。
  • ・半年後のフォローアップ研修で、振り返りと再確認。
【会場情報】
西三河エリア
刈谷市産業振興センター、刈谷市総合文化センター、刈谷市南部生涯学習センター
名古屋エリア
東別院会館、企業福祉会館
東三河エリア
豊橋商工会議所、豊川市勤労福祉会館
三重エリア
じばさん三重
岐阜エリア
岐阜商工会議所
実技会場
ARMS研修センター、アスカ株式会社 豊田工場
【受講料】
30日間コース
325,000円(税別)/ 人
26日間コース
300,000円(税別)/ 人
22日間コース
275,000円(税別)/ 人
特殊カリキュラム
価格要相談

❶しつけ教育

しつけ教育

しつけ教育の体制と目標

  • 担任制により、一人ひとりしっかりフォローします。
  • 学生気分は卒業!社会人としての心構えをしっかり教育します。
  • 挨拶言葉遣い身なり立ち居ふるまいを徹底的に指導します。
    掃除(雑巾がけ)をしっかり実行させます。
  • 1日2枚、レポートを書かせ、添削指導します。
    書く習慣がしっかりと身につきます。

❷ 資格取得

資格取得

資格取得のサポートをします。

  • フォークリフト運転技能講習
  • 玉掛け技能講習クレーン特別教育 併合講習 (1t以上)(5t未満)
    • ※クレーン特別教育の部分のみ助成金対象外
    • ※申込状況に応じて、研修期間後の受講になる可能性あり
  • 各種特別教育・安全衛生教育
    • ※助成金対象外 ※研修期間後の受講
ギャラリー

GARALLY

スライド画像1
スライド画像2
スライド画像3
スライド画像4
スライド画像5
スライド画像6
スライド画像7
スライド画像8
スライド画像9
スライド画像10

❸ 確かな実績

確かな実績

信頼される経験と実績

私たちは、着実に受講人数を増やしてきました。 この経験を基に、現場で必要な教育を提供できると確信 しています。今後も時代に合わせ、より良い教育を提供し ていきます。

➍ 助成金申請のお手伝い

厚生労働省 人材開発支援助成金(旧 キャリア形成促進助成金)2017年4月改正

【申請スケジュール】

10月~12月
  • ・実施計画認定申請書
    大臣認定申請)の提出

→審査後、「実践型人材養成システム実施計画認定通知書」が交付

1月~2月
  • ・人材開発支援助成金
  • ・訓練実施計画届の提出

→訓練開始日の前日から起算して1ヶ月前までに労働局へ提出が必須

4月~5月
  • ・訓練の実施 Off-JT
6月~9月
  • ・訓練の実施 OJT
    OJT日誌(実施状況報告書)
10月~11月
  • 支給申請書の提出

→訓練修了日の翌日から起算して2ヶ月以内に労働局へ提出が必須 ※1

  • ※人材開発支援助成金は、雇用保険が財源です。算定年度の期間中に事業主の都合による解雇がある場合等、不支給となります。

【生産性要件について】

労働生産性が向上している企業について支給する割増助成金について、訓練開始日が属する会計年度の前年度と その3年後の会計年度と比較する成果主義へ変更しました。
訓練開始日が属する会計年度の前年度生産性が、 その3年後の会計年度の生産性に比べて6%以上伸びていること。

生産性要件の図
  • ※生産性要件により引き上げを希望する場合、「生産性要件算定シート」および各勘定科目の額の証拠書類
    (損益計算書、総勘定元帳 等)の提出が必要となります。

【算定のスケジュール】

例)2019年4月1日が訓練開始の場合

算定のスケジュール
  • ※3年後の会計年度末日の翌日から起算して5ヶ月以内に割増し助成分のみ別途申請

※3年後の割増し助成の支給申請について・・・

追加申請時期にメールにてご案内させていただきます。
また、追加申請に係る申請サポートも承りますのでご相談ください。

【受講料と助成金】

①特定分野認定実習併用職業訓練(製造業・建設業・情報通信業の場合)

※( )内は大企業の額
※100円未満は切捨

特定分野認定実習併用職業訓練(製造業・建設業・情報通信業の場合)

②認定実習併用職業訓練コース

※( )内は大企業の額
※100円未満は切捨

認定実習併用職業訓練コース
  • ※上記は参考例であり助成金支給を保証するものではありません。金額は労働局に申請後に確定します。
  • ※クレーン特別教育は助成対象外として計算してあります。

❺ 豊富なコース

個人の希望、適正に合わせ様々なコースを用意しています。社会人として必要なビジネスマナーから、 事務作業に必要な最低限のスキル、また各職種に必要な専門技術など、派遣先で即戦力として働けるよう、カリキュラムを充実しています。

  • 1.営業人材養成コース

    営業職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    営業人材養成コースを詳しく見る
  • 2.総務・経理事務人材養成コース

    総務・経理事務職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    総務・経理事務人材コースを詳しく見る
  • 3.一般事務人材養成コース

    一般事務職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    一般事務人材養成コースを詳しく見る
  • 4.機械加工技術人材養成コース

    機械加工技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    機械加工技術人材養成コースを詳しく見る
  • 5.プレス・溶接加工技術人材養成コース

    プレス・溶接加工技術職に必要な知識と技術を
    座学と実技を通して学びます。

    プレス・溶接加工技術人材養成コースを詳しく見る
  • 6.プレス加工技術人材養成コース

    プレス加工技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    プレス加工技術人材養成コースを詳しく見る
  • 7.溶接加工技術人材養成コース

    溶接加工技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    溶接加工技術人材養成コースを詳しく見る
  • 8.樹脂成形技術人材養成コース

    樹脂成形技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    樹脂成形技術人材養成コースを詳しく見る
  • 9.表面処理技術人材養成コース

    表面処理技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    表面処理技術人材養成コースを詳しく見る
  • 10.熱処理技術人材養成コース

    熱処理技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    熱処理技術人材育成コースを詳しく見る
  • 11.設計技術人材養成コース

    設計技術職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    設計技術人材養成コースを詳しく見る
  • 12.建築・土木人材養成コース

    建築・土木に関わる仕事に必要な知識と技術を
    座学と実技を通して学びます。

    建築・土木人材養成コースを詳しく見る
  • 13.自動車整備人材養成コース

    自動車整備職に必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    自動車整備人材養成コースを詳しく見る
  • 14.小売業人材養成コース

    小売り業で必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    小売業人材養成コースを詳しく見る
  • 15.食品製造人材養成コース

    食品製造の仕事に関わる必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    食品製造人材養成コースを詳しく見る
  • 16.介護人材養成コース

    介護職で必要な知識と技術を座学と実技を通して学びます。

    介護人材養成コースを詳しく見る
  • 17.介護・厨房スタッフ養成コース

    介護・厨房スタッフとして必要な知識と技術を
    座学と実技を通して学びます。

    介護・厨房スタッフ養成コースを詳しく見る
  • 18.紙器・段ボール製造人材養成コース

    紙器・段ボール製造業で必要な知識と技術を
    座学と実技を通して学びます。

    紙器・段ボール製造人材養成コースを詳しく見る